健足脳活&コーチの徒然なるままに。。。

足への介入が脳の活性化を促すことを活用したプログラムを提供しています。皆様が元気になるヒントになれば。

金曜日の朝❣️

1週間、お疲れさまです😊💕

 

金曜日には、足の疲労も溜まりすぎて
朝からパンパン💦なんて方も多いのでは?

 

今朝はむくみの話。

 

むくみの原因には、
腎臓や心臓、肝臓、甲状腺などの疾患から来るものもあるので、
『いつものことだから〜』
と自己診断せずに、
ひどくてつらかったら、病院行ってみてね🥺

 

でも、
特に疾患のない場合は、
動きを制限するような服、
足に合わない靴…も、原因になるのです!

 

今日、むくみが気になったら、
帰ってから、フットバスはいかが?
桶にお湯を溜めて
足の甲の指の間を優しく撫で、
そのあと少し温度低めでシャワーをかける

…を数回繰り返してみて😘

 

あ、わかりづらい。。。
あとで公式LINEで動画紹介します…汗💦

#足の悩み
#動画撮るにはビジュアルが問題
#それでも伝えたい
#幸せに働いてほしいのよ

木曜日の朝。。。

足の親指と人差し指、どっちが長い?

 

足を見ずに答えれるヒトは、ちゃんと足のケアできるヒト ww

 

今朝は出かける前に爪の手入れ✨✨

 

足の爪はま~るく切っちゃダメ🙅‍♂️

陥入爪の原因になったりします。

 

そして、
爪が反り返る『スプーンネイル』の原因にもなります。

 

両端を切らずに先をやすりで少し整える程度にしてね。

 

爪の脆さが気になる人は、
保湿クリーム塗って。

 

あ、ただし、爪水虫の人は保湿クリーム塗っちゃダメ🙅‍♂️

 

あ~、朝からダメダメうるさいなあ・・・。

 

ちなみに、
スプーン爪は、貧血でもなります💦

 

今日も健足でいってらっしゃ〜い💕💕💕

水曜日の朝は…

月・火曜日・・・と通勤靴をはいたから、
今朝は別の靴を履いていこう!


履きなれた靴が出来ちゃうと、
そればっかりになりがち。


特に、通勤服が一定していると、
服に合わせて靴を楽しむ・・ってことがしずらいので、
気が付けば月~金で同じ靴・・・なんてことになる。


靴を替えると歩き方が変わる。


自分で意識してなくても、脳は変わったことに気づいてる。


靴を替えたら、
どこに体重がかかっているか意識してみよう。


そして、両足そろえて、
かかとの外側→つま先の内側
に体重を移動させてみよう。


それが足にとって良い体重移動
意識することでいつも間にか変化する。

 

頑張らなくても、

脳活の方法は日常にたくさんあるよ💕

月曜日の朝のメンテナンス

月曜日の朝✨✨


何か気が重いなぁ〜って思ったら、
とりあえず立ち姿勢のメンテナンス😊


耳の穴と肩とくるぶしが一直線になるように立って、両足で背伸び❣️


背伸びしたまま、天井から吊るされた糸に引っ張られるような気持ちで歩いてみる。


あ、会社に操られてる…って思っちゃダメだよ🤣

 

耳の穴と肩の位置を合わせようとすることで、肩が開く。

天井からつるされた糸に引っ張られるイメージでは、

顔、頭がまっすぐに伸びる。

 

ココロが壊れるほど辛い場所など、行かなくていい。

でも、

どうしても行かなきゃいけないなら、

行く覚悟ができてるなら、

そんな立ち姿勢で過ごしてみると良いよ。

 

ちょっと違う週の初めになるかもしれない。

 

信じるか信じないかは・・・自分次第???(笑)

新しい習慣から変身へ

自分が持っている一番おしゃれな服を着て、

鏡の前に立ち、

継ぎ足(足を前後に並べて、綱渡りするみたいな感じ)で2、3歩歩く。

 

天井から吊るされた糸に引っ張られ、

操られるように2、3歩歩く。

 

それを1週間、毎朝やる。

 

これは、

先週来たお客様に課した新しい習慣。

 

もちろん、それ以外にも数個(ここは企業秘密ww)

 

今朝、彼女から連絡が来て、

歩き方が変わって、印象が変わったと言われました。

ワクワクして動きたくなる感じ。

いつも通り、一日中ゴロゴロしてようと思ったけど、仕事の本を探しに出かけてきます!…とのこと。

 

変な薬を盛ったわけではありません。

 

動きを伴う新しい習慣を取り入れただけ。

 

姿勢や歩行が変わり、

印象が変わり、

気持ちや行動が変わり、

気がつけば、仕事や家事の仕方も変わります。

他者への接し方も変わります。

 

自分を変えるって、

ほんの小さなことからなんだよ〜😊

今行動しないと変わらない

スピリチュアルとか自己啓発とか、〝変われる〟系の本はいっぱいあって、世の中は〝変身願望〟に溢れているのかな…と思ってしまう🙄

 

具体的に描けてなくても、

何かもっと幸せな感じ

とか

何かもっと上手くいく感じ

なんて漠然としたことを追ったりもするよね✨

 

でも、

もちろん漠然と思ってても変わらない。

行動しないと変わらない。

でも、

どう行動していいかわからない。

行動しても、

これで良いのかわからない。

 

講演で、よくシンデレラの話をします😊

変身といえばシンデレラでしょ?(違?ww)

 

シンデレラは、とても働き者で心が美しく我慢強かったから、魔法使いがご褒美に変身させてくれて幸せになった💕…のか?ホント?

 

いやいや、

シンデレラはいつも掃除をしながら聞き耳をたて、お姉様たちの話や行動を情報収集してたに違いない笑笑

 

もしかしたら、こっそりお姉様たちの靴を履いてみたりしたかも笑笑

だって、

初めてのハイヒールで華麗に踊れるわけないもの😅

 

そして、

もちろんわざと階段に靴を置いて帰ったに違いない🤣

 

だって、

あとから履いて〝ピッタリです〟と言われるような靴なら、階段で脱げたりしないもの💦

 

本を読んでじっと待ってても幸せは降ってこない。魔法使いも現れない。ヒトは生まれかわらないし、時間も逆戻りしない。

 

今行動しないと変わらない。

情報収集と行動力。

 

私もシンデレラを見習って頑張ろっと😆

 

ちなみに、

靴を変えるだけで、

まずは変身の一歩踏み出せます💕

どんな靴なら変身に近づくのかは、

ご相談くださいww(結局宣伝かい🤣)

 

足が遅いのは遺伝?

子育てセミナーにどで講演すると、

必ずと言っていいほど、

この質問がでます(笑)

 

不得意なことやコンプレックスを、
とりあえず遺伝のせいにするのは手っ取り早いし、それで前向きになれるのなら、
ま、いっか・・・でいいと思います(笑)

 

でも、それで終わると記事にならないので、もう少し・・・😆

 

“足が遅い”・・をちょっと拡大して“運動が苦手”と考えて


その原因を
①遺伝要因
②環境要因
で整理してみますね。

 

①遺伝要因
結論から言うと、オリンピック、全国大会レベルなどになると遺伝的要素は入ってくるのかもしれません。

 

でも、運動会の選抜リレーレベルで、遺伝的要素はそんなに影響されません。


この場合の“遺伝”は、あくまでも生物学的な“遺伝”の話です。

 

その“遺伝”よりはむしろ、次に説明する環境要因の“遺伝”の方が関係因子としては強いのです。

 

②環境要因
つまり、運動が身近な環境を引き継いでいるかどうか・・ですね。

 

卓球選手でも柔道選手でも最近賑わせていた選手の保護者が、やっぱり同じスポーツの選手だった・・という例が多かった気がします。


「やっぱり、カエルの子はカエルよね~」

 

と言われますが、


一番引き継いでいるのは、生物学的な遺伝ではなく、環境なのです。

 

では、もう少しこの環境について詳しく考えていきましょう。


まずは、

①身体を動かす機会と場所があること。
そして、

②道具とその道具を選ぶ目を持っていること。
それから何よりも、

③運動を成功体験として積み重ねられること。
この3点が重要です。


親が何かの運動をやっていると、この3点を兼ね揃えている場合が多いのです。


特に、③については、自分も積み重ねてきた経験がありますから、褒め方も上手ですね。


逆に、自分の夢を押し付けすぎて、成功体験として与えることが出来ずに、子供が運動の機会を手放してしまうということも起こります。

 

さて、②の“道具”についてですが、靴はその一つになりますね。


子育てセミナーなどで講演をすると、よく『やっぱりシュンソクじゃないとダメですか』
なんて聞かれます😆‼︎


“シュンソク”とは、運動会で速く走れるイメージを持たせるCMで流行った靴の商品名ですね。

 

いつも回答でお話することは、


①価格や知名度とは関係ないこと
②足のサイズや形にちゃんと合っていることが重要(来年の運動会も・・と思わない)
③足が曲がる部分でちゃんと靴も曲がってくれること
④土踏まずのサポートがあること
⑤足の甲がしっかりと固定できること(低学年は紐ではなくマジックテープ)


・・をお伝えしています。


スニーカーを選ぶ時の、ごく一般的な話です。

 

でも、いざ靴屋さんに行って選ぼうと思っても、この基本的なことを忘れて、
子供が指さすキャラクターの靴や、〇〇くんが履いているのと同じ靴・・になりがちなのです。

 

次に③の話も少し・・・。

 

運動での成功体験って、特別なことじゃなくていいんです。


例えば、鬼ごっこをしていつまでも捕まえられなかったらどう感じますか?


もう、追いかける気もなくなり、今度鬼ごっこに誘われても、モチベーションが上がりませんね。


それと同じです。

 

もし、まだお子さんが小さくて親との鬼ごっこに付き合ってくれるなら、是非、鬼ごっこで、

「まだまだ~」

「惜しい!」

「うわっ、つかまっちゃった~」

の3段階体験をさせてあげてください。


その他、障害物を飛び越えるとか、ジャンプしてものを取るとか、本格的なスポーツじゃなくていいんです。

 

身体を動かして得られる成功体験。3回目に成功するレベルの難易度は子供を飽きさせません。

 

身体を動かす楽しさを覚えれば、あとは勝手に目標を決めて伸びていきます。運動の機会も場所も自分で確保できるようになるのです。

 

周りと比べて、今の時点の些細な差を気にして
「ごめんね~お母さんに似て・・」

なんて言うよりも、


身体を動かす楽しさを一緒に体験する方が、
将来の運動能力がグンとのびますよ✨✨✨

 

そして、

さらに加えるとすれば、

足にたくさんの情報を入れてあげてください。

つまり、色々な道を歩くとか、

足で遊ぶ。

お風呂あがりに足の指でジャンケン

…など。

 

足からの情報は脳を即座に活性化させてくれます。

運動能力は、筋肉や靭帯だけの話ではなく、

それを動かす脳の反応スピードも関わることなので、脳の活性化は、とっても大切❣️

 

ただし、

走り方がおかしいのではないか?

走ってもすぐ転ぶ…

など、気になることがあったら、

いつでもお声かけください❣️