健やかに軽やかに行動できる毎日を足もとから

スキップしたくなる足とココロを作ろうよ。まずはのんびり一歩出すことから^_^

スニーカーとパンプスではサイズが違うのです!

こんにちは!

突然ですが…
スニーカーとパンプスではサイズ表記の基準が違う・・・ということを知っていますか?

スニーカーは『木型サイズ』で、実際の長さが表記されています。

捨て寸で1cmの余裕をもって買うとすると、
23cm表記のスニーカーは、実際には22cmの足長の人に合う靴になります。

 

一方、パンプスの場合は、『足入れサイズ』で表記されているものが多いため、
23cm表記のパンプスは、すでに捨て寸が1cm含まれていて、内寸24cmあり、23cmの足長の人に合う靴・・・になるのです。


ただ、

面倒なことに、

これはメーカーによって違ったり、靴の種類によっても違ったり・・・。

結局、

自分の足を良く知ることと、
購入時には実際に両足履いてチェックをすること。

この2点が必要なことに変わりはありません。


選ぶ靴は『〇〇cmなの!』と決めてつけて、思い込んでしまうと、

試し履きをしても“合っている”ような気がしちゃいます。

今一度、ご自分の足のこと、
よく観察、測定、し続けてほしいな・・・とココロから願うわけなのです。

足の専門家失格😭

昨日やっちゃいました😭😭😭

 

何と左足捻挫😱😱😱

 

夜、コンビニに行く途中、歩道の凸凹に足を取られて捻っ💦

 

一瞬、全身の細胞に緊張感が走りました!(大げさか)

 

みるみるうちに、外くるぶしあたりがぽっこり、、、。ぷにぷに、、、。

 

せっかくなので、

こんな時にすぐにやる応急処置をご紹介!

 

その名も『RICE』!…ごはん?

 

いや、これは、次の頭文字を取ったものなのです。

R:Rest 安静

I:Ice冷やす

C:Compression圧迫

E:Elevation挙上

 

昨日はすぐにできなかったのですが😅

ホントは、症状が軽くてもすぐにやった方が

そのあとの回復が違います。

 

何か起きないために鍛えるのも大事だけど、

何か起きた時のために知識を備えるのも大事!

 

 

足に触らなくても 足のトラブルを治す方法があります。

足に触らなくても

足のトラブルを治す方法があります。

 

こんな時だからこそ

他者との接触にためらいのでる状況。

 

こんな時こそ、

家でゆったりセルフケア💕

 

じゃあ、何すれば良いの?😳

 


まずは

生活習慣や仕事環境を見直すこと。

 


椅子の高さ一つでも、

腰や足への負担は全く変わるのです。

 

どんな優れた方法も、

日常の姿勢が崩れていたり、

良くない習慣を蓄積していたら、

何も効果はでないのです。

 

まずは…

 

ふかふかのソファからは卒業しましょう🤣

 

在宅勤務のあなた、

今ドキッとしませんでした?

 

離れたくないのはわかります🤣🤣

 

でも

それは今起きているトラブルを悪化させます😭

 

沈みすぎる座面は

背筋のラインを歪め、

股関節や膝関節の負担を増やし、

足部の変形を促してしまいます💦

 

使うのは、

お昼寝の少しの時間にしましょうね🤣

 

習慣と環境から、

健足を取り戻す。


いつの間にか起きたトラブルを

いつの間にか治す秘策です。

左足だけのバレリーナ

こんにちは!
札幌は少し寒さが緩んで雪も解けました。
でも、寒さの本番はこれから(-_-;)
感染対策も寒さ対策も気を抜けませんね。

 

さて、

日常の何気ない動きの積み重ねが、足を作ります。

 

その結果として足にトラブルが起きているとしても、
痛みやしびれなどがなければ、つい放置してしまうという方が多いのです。

 

私は、企業の中で臨時に『足の保健室』を開室しています。

 

先週、保健室に来室した30代の女性。
『左の足先が冷えて痛い』・・とのこと。

 

足を見せていただくと、


左足の指だけが縮こまって伸びづらくなっており、自覚の通り、冷感も・・・(-_-;)

 


足のサイズや特徴を測らせていただき、

適切な靴のサイズを割り出すと、

今はいている仕事靴・通勤靴で、そんなに問題はなさそう。

 

なんで、こんな指に???

 

 

生活習慣や仕事環境をヒヤリング。


仕事で使用している椅子や机もチェック!

 

そこでふと発見!!

 

 

彼女は社内でPCに向かっている場面が多いのですが、
座っている間中、左を下にして足を組み、さらに、かかとを浮かした状態でつま先を床に押し付けているのです。

 

つまり、

 

彼女は終日PCの前で、座ったままで左足だけバレリーナの状態!

 

ずーっと、左足のつま先は靴の前方に押し付けられているのでした。

 

年間200日以上何気にやっているクセ。

 

きっと誰にでも蓄積されたクセはあるのです。

 

今日眠る前に、
今日一日の自分の動きをちょっと振り返ってみて(^_-)-☆

 

 

足の相談は引き続き無料で受け付けております。気になることがあれば、大きなトラブルになる前にお早めに😊

幸せを呼び込む7つの歩き方①

スキップしたくなる足とココロをつくる、杉田恵子です😊

適切な歩行は、セロトニンオキシトシンの分泌を促し、幸せ💕や創造的な考えを呼び込む動作です。

今日から7回にわたって、そんな、幸せを呼び込む歩き方について、お伝えしていきますね。

=①足から歩かない=
歩き出す時は、身体のどの部分から動かしますか?

実は、足ではないんです💦

肩甲骨の傾きから始まるのが、身体に負担のない優しい歩き方。

足だけペタペタ先に出す歩き方では、膝やふくらはぎ、股関節を痛めやすくなるのです。

歩くという動作は、本来、上半身の捻りを下半身に伝える運動です。

右足を出そうとすると足より前に左の肩甲骨が動き、骨盤が身体の軸を中心に左旋回します。その反動で、右足が前へ出る仕組みなのです。

そして、もう一つ。

身体の捻りを入れると、身体の中の大きな筋肉を収縮させるので、運動効果、基礎代謝がぐんとアップ⤴️⤴️します。

いつもの歩き方に少し意識して、幸運を呼び込んでくださいね🍀🍀🍀

スギタ、嫌な人になる

健康に良さげなコトの情報・・・は、

世の中に一杯あふれています。

 

どの情報に触れても、

『あなたのためを思って言ってるのよ!』

・・・と、ガンガン訴えてくる・・(笑)

 

基礎代謝を上げてくれることも、

糖の吸収を抑えてくれることも、

禁煙を促してくれることも、

腸を綺麗にしてくれることも、

筋力をつけてくれることも、

みんな大事💕

 

でも、多くの場合は

緊急性がなければヒトは行動を変えようとはしません。

何かあった時に初めて、

ヤバっ!😨と方法を探すのです。

 

それまでは

大きなお世話にしか聞こえない😢

 

だから、

足👣づくりも、

痛くなる前に何か言っても相手の心に響かないことも多いのです。🗣

 

『靴底の減り方で、

中央付近が減っている人!

あなた、歳取ったら、周りの同じ歳の人よりも

老けた姿勢になるわよ!』

 

↑↑↑

これ、響きます?

 

🙅‍♂️🙅🙅‍♀️

 

『スニーカーの紐、

毎回縛り直してない人、

足の横アーチ潰れて、

指の変形が起こるよ』

 

・・・・・ふーん・・・

 

🤷‍♂️🤷🤷‍♀️

 

 

もう、

 

他人の足や習慣に難癖付ける嫌な人でしかない・・・🤣🤣🤣

 

 

その時から開始して

間に合うことならそれでもいいけれど、

そうじゃないことだってあるのに、

 

どんな場を作り、

どんな風に、

伝えていったら大きなお世話が役に立つんだろう。

 

 

『何を伝えるかではなく、誰が伝えるかだ』

 

・・・と尊敬する先輩が言っていました。

 

 

すごく納得😳

 

言葉を一生懸命紡ぎながらも、

同時に自分をブランディングしていくことが

早道なのかもしれないよね。

 

『スギタがそう言うなら変えてみるよ』

 

そう言われるように

今日も精一杯前進しよう!!!

 

https://www.c-labo.info

 

仕事でミス?それ、足のせいです!

今日はどんな日でしたか?

楽しい月曜日を過ごせましたか?

 

今日は、

仕事のミスやトラブルが

実は足のせい!!・・・というお話です😨

 

寝る前に

足がむずむずする

脚が勝手にぴくぴく動く

虫が貼ってるような感じ

脚をたたきたくなる

ほてったり、かきむしりたくなる

だるい、痙攣する

 

・・・なんてことはありませんか?

 

f:id:sugita-labo0328:20201005165449p:image

 

病院に行くほどでもないし、

誰かに言ったら、私も!って言われたから、気にしなくていいのかな。

でも、このせいで眠れなかったりするんだけど…💦

 

それ、

【レストレスレッグス症候群】かもしれません。

 

“レ”と“ス”ばっかりで読みずらいぞ・・・(-_-;)

 

レストレス=restless=落ち着かない、絶え間なく動く

レッグス=legs=脚

です。

 

日本人の40万人に見られる!

・・という症候群で、

女性に多い(男性の1.5倍程度)症状です。

 

年齢が上がるにつれて、多くなる傾向にあります。

f:id:sugita-labo0328:20201005165553j:image

 

 

なーんだ、そんなに患者さんいるんなら、怖い病気じゃないんじゃん・・と、楽観視できるなら、苦痛はないのかも。

 

でも、この症候群、

他にもめんどくさい症状が出てくるのです。

例えば・・・

 

入眠障害・・なかなか寝付けない

日中の眠気とだるさ・・二日酔いのせいじゃないですよ

うつ症状・・・気分の落ち込み

仕事中の集中力低下

記憶力の低下

イライラする、怒りっぽくなる

 

もう、どこに受診したらいいのかわからない状態。

 

原因が不明のモノもありますが、

貧血や糖尿病、リウマチやパーキンソン病の方が起こりやすいという話もあります。

 

 

治療は『生活習慣』を見直すこと!

 

食事や運動習慣、そして仕事環境の見直しなどで、症状が改善されることがあります😊💕

 

 

今日の仕事の効率はいかがでしたか?

 

あ、そのミス、足のせいです🤣

 

※資料

大塚製薬

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/restless-legs-syndrome/about/

 

#足#フットケア#セラピスト#おうち起業#脚痩せ#むくみ#美脚#足裏#脳#ダイエット#靴#姿勢#歩行#理学療法士#リンパケア#ハイヒール#札幌#健康経営#行動力#思考力#足育#サロン