たった一足の靴で人生が変わる〜エンパワーメントフットケア〜

足づくりを通して、まだ隠れている想いや能力の後押しをしています。未来への一歩をお手伝い^_^

利用者様とのエピソード

ハタラケル環境作り〜居場所は誰がつくる?

「私の居場所がない」…と言って、彼女は泣いた。 出産を機に退職し約10年。2人の子どもが小学生になったこの春、再就職をした。 新人ではないけど、不慣れな職場。 新人ではないから教えづらいのか、 新人ではないことに固執して質問しづらいのか、 次第に、…

結婚式の足元づくり

足と靴のコンサルタント^_^ 今日は、結婚式までの血の滲むような?個人レッスンの話 4月に結婚式を控えた30代女性サキさんがメールをくれたのは2月下旬。 「ウエディングドレスでスニーカー履いちゃだめだよね?」…え? ハイヒールはもちろん、パンプスも履…

足の持つ“プライバシー”

足を見せるって、中途半端に自己開示的な要素があるという思っています。 「手を見せて〜」は飲み会でも手軽にできる。「口の中見せて〜」は歯医者じゃなきゃイヤでしょ。「お腹見せて〜」もお医者さん(笑) 「足見せて〜」は手と同様に手軽に見せれるけど…

6本指の女の子との痛い思い出

もう32年も前の話 私が理学療法学科の学生で、小児の施設に実習で3ヶ月通った時のこと。 担当させていただいたのは、8歳の女の子脳性麻痺で1人で歩くことができず、 2歳ぐらいの表現レベルの子で言語でのコミュニケーションは難しい子だった。 その子の右の…