たった一足の靴で人生が変わる〜エンパワーメントフットケア〜

足づくりを通して、まだ隠れている想いや能力の後押しをしています。未来への一歩をお手伝い^_^

歩きたくなるまちづくり

歩きたいですか?

皆さんが住んでいるまちは、

歩きたくなるまちですか?

 

歩きたくな〜い😔疲れるもん。

歩いてるけど、健康のためだよ。歩きたいかって聞かれれば。。。ん〜😐

 

全国の70ほどの自治体が目指して活動している、スマートウェルネスシティというプロジェクトを、ある町でお手伝いしています😊

f:id:sugita-labo0328:20191002153847j:image

http://www.swc.jp/about/

 

 

このプロジェクトでは、
健幸都市づくりを目指すという主旨があるのみで、コンテンツは各自治体に委ねられています。

 

スギタのお手伝いのキーワードは「足」と「歩く」

 

そして、そのまちでは、
「歩きたくなるまちづくり」
を目指し、


他のまちでも事例のある、歩数による健康ポイントというインセンティブを企画しています。

 

高齢になっても健康な足で、
楽しく出歩き、楽しく活動、活躍しようじゃないかっ✨✨✨

 

うん、確かに間違ってないぞ😤

 

高齢になっても、いきいきと活躍できることを後押しできるまちが、たくさん増えてほしい💕

 

それは本心。

 

でも…と、止まる😑

 

歩いた分だけ
歩いた歩数に応じて
健康ポイント💰が貯まって買い物ができる。

 

この仕組みは、
果たしてどうなんだろう。
この仕組みを作るなら、
同時に作らなきゃいけない仕組みがあるんじゃないだろうか。

 

歩ける人は、
どんどん歩く🚶🏻‍♀️🚶🏻‍♀️🚶🏻‍♀️
誘わなくても
どんどん歩く🚶🚶🚶

 

1人で、友人と、仲間と
楽しげにどんどん歩いて
お得にお買い物をする

 

それは楽しい。


楽しい時間をたくさん得てほしい。

 

でもやっぱり、

それだけだと、


車椅子で家の中から外を眺めている高齢者は
「歩きたくなるまちづくり」から
取り残されるような気がして。

 

キーワードは、本当は「歩く」では
ないんじゃないのかな?

 

理学療法士のまちづくりって

一体何をすべきなのかな。

 

このまちづくり、
誰のためのなんだろう。